市場第一部と市場第二部

上場企業が上場する市場には第一部と第二部があります。市場第一部の方が市場第二部よりも上場の審査基準は厳しくなっています。この市場は東京証券取引所名古屋証券取引所にある厳しい審査基準を満たした大企業や中堅企業が上場する株式市場となっています。この市場の二つを総称して本則市場といいます。特に東証一部は多くの海外投資家が売買に参加する国際的な市場となっています。新規上場株は原則として第二部市場に指定されます。この後に発行株式数や株主数、時価総額、純資産、利益、設立年数などが一定の条件を満たせば第一部市場に指定されます。なお一定の条件を満たして認められた場合には最初から第一部に上場される場合があります。第二部から第一部に指定される場合とは逆に第一部から第二部に指定される場合もあります。第一部銘柄が上場株券の第一部銘柄から第二部銘柄への指定基準に抵触した場合に第二部銘柄に指定替えされるのです。いずれにせよこの上場銘柄になりますと社会的な信用性はとても高まりかなり有益となります。この上場を目指している企業も多くあります。上場するということは一般的に企業として高い評価を受けたことにつながることとなるのです。

Comments are closed.